ポケットモンスター14話


皆さんこんにちは、コンパ代表の佐藤です。
今日は僕がブログの文章を書く事になったんですが、この文章を読んで、1人でもあっ大垣ゼミありだなと思っていただけたら嬉しいです。

先日の本ゼミでは、ゲストの方を招いての授業を行いました。募金をより多く集めるためにはどうすればよいかといった議題に真剣に取り組みました。(クラウドファンディングが却下された時の絶望)

d0166958_10422835.jpeg

そして、本ゼミが終わった後に、大垣教授とゲストの方と有志を集って懇親会を開きました。当初1時間で終了するはずだったのですが、ゲストの方がものすごくエネルギッシュな方でしたので、4時間にも及ぶ大懇親会になりました。

d0166958_10424517.jpeg


本ゼミの内容は大体こんな感じなのですが、
せっかくブログに寄稿するという事なので、僕なりの大垣ゼミの考え方について述べたいと思います。
こんな時期から大垣ゼミに入りたいというありがたい方がいましたら、僕はまずポケットモンスターのアニメの14話をお勧めしたいです。
この14話には人間の幸福や愛、成長について本当に多くの教訓がねじ込まれています。(ちなみに僕はポケモンはそんなに好きではないです。子供の頃、姉とコタツの中でポケモンごっこしていた時に、僕はハクリュー役をやっていたんですが、僕のハクリューの演技が余りにも上手すぎたのかコタツの中で殴られた事があります。それからポケモンとハクリューが嫌いです。)
そして、14話の本題に入るんですが、みなさんなぜサトシのピカチュウがライチュウに進化しないのかご存知ですか?
(ピチュー<ピカチュウ<<ライチュウ)
答えはサトシがピカチュウを愛しているからなのです。お互いが強くなる事より、お互いの関係を選んだからなのです。特にアニメの序盤の方で、サトシがピカチュウに無理やり進化の石をこねくり叩きつけるシーンを見ると本当に泣けてきます。彼は愛が強すぎます笑
そして僕はこれこそまさに愛だなって思います。もう、利益とか効用とかお金なんてどうでもいいんだ、いつまでもこの素晴らしい圧倒的な愛に包まれていたいというサトシのピカチュウの関係の在り方はあまりにも奥深いです。(補足資料なのですが、就活で多くの内定を獲得する多くの学生には、圧倒的に親に愛されてきたという思いがある。という自信を持つ人が多いらしいです。つまり、ピカチュウ程になると、ゴールドマンサックスや、電通などの企業に落ちるという事はありえないという事です。一応、でんきタイプなのである意味、通信系の会社が本当は合ってると思いますけどね笑)

長々と語ってしまいましたが、僕がみなさんにお伝えしたい事は、
就活でも何でもそうですが、迷いなく努力する事の出来る何かが見つかったら、何でも上手くいくと思うということです。
7月に第一回ゼミ説明会があるので、そちらの方でもっとお話できたらと思います。

[PR]
by ogaki-seminar | 2016-05-31 10:41 | 本ゼミ報告